読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッチーどっとこむ

Tech,Game,Food,Tennis,Trip,etc...

ついに口内炎の痛みから解放された

f:id:dabada10:20170320034323p:plain

高校生ぐらいの時から長らく悩まされてた口内炎(今28歳)。口内炎用のパッチや軟膏を塗ったり、はちみつ塗ったり、マウスウォッシュしたりといろいろ試したけどなかなか根本的な解決にはなりませんでした。

悪い時は1ヶ月に1回は出来てたんじゃないか?ってぐらい頻繁でめちゃくちゃストレスだった。 そんな長らく悩まされていた口内炎がもう6ヶ月ぐらい発生していません。
そこで今回解決のために取った方法をブログに書いておきます。同じように口内炎で悩まされていた人の役に立ちますように。

まず結論ファーストということで結論を言うと
歯医者で歯石除去×リステリントータルケア×歯磨き後にデンタルフロス

最初に歯石除去なんですけど、これかなり大事だと今は思ってます。
なぜなら歯石は細菌の住処になってるから。この情報にたどり着いたのが今回一番大きかった。細菌がいると口内環境が悪化してしまい、口内炎が出来るリスクがあがります。
もともと口内炎は口内環境の問題なんだということは調べて知っていました。よくストレスが原因みたいな情報もあるけど、あれは要は
ストレスがたまる→唾液が出なくなる→唾液が少ないと歯垢がたまって歯石になる→細菌が増える→口内環境が悪化
ってことなんだと思います。
歯石は歯磨きでは取れないそうなので、既についてる人はまず歯医者行って歯石取ってもらってスッキリしててくるのがいいと思います。それがまずスタートライン。

歯石が取れればとりあえず口内環境がマシになってると思うので、そこから先は、いかに歯石を作らないかが大事だと思います。そこで僕はリステリントータルケアとデンタルフロスを導入してみました。
もともとGUMをマウスウォッシュとして使ってたんだけど、個人的に効果が弱い気がしていたので、リステリンの一番効きそうなトータルケア(紫のやつ)に変えました。

更に大事なのがデンタルフロス。糸で歯と歯の間の汚れを取るやつですね。
これずっとめんどくさそうと思ってやらないでいたんですけど、今はめちゃくちゃ大事だと思っています。
虫歯の70%は歯と歯の間の部分で出来ます。つまりそれだけみんな歯と歯の間が磨けてない、というか磨くの難しいんだと思います。なので歯ブラシだけで磨くのは無理!とさっさと諦めてデンタルフロス導入したほうが賢いと思います。

hanoblog.com

というわけで、口内炎に悩んでる人はまず
歯医者で歯石除去×リステリントータルケア×歯磨き後にデンタルフロス
これ試してみてほしい。
歯石ができるペースとかは個人差ありそうな気もするから歯医者に行く頻度は調整してほしいけど。自分は大体半年に一回、年二回行こうとしています。

おすすめ

この歯ブラシおすすめです

余談だけど最近歯石除去の動画を見るという変態的な趣味ができはじめてるのが悩みどころ

広告を非表示にする